投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

5月30日カーネギー公演のプログラム案!

[Carnegie Weill Hall Concert May 30th 2013]


Steve Reich 「Duet」 - Marimba&Clarinet and Strings (US premire)
arr.Mika

John Zorn 「 The nymphs (2012)」 (World Premire)
for solo marimba (2012)

Tom McKenly 「 Tiger (2012)」for Marimba,Clarinet,Drum,Piano (world premier)

Bill Douglas 「 Mikaripso(2012)」 for Marimba,Clarinet and Strings (world premier)


休憩

"All Chick Corea! "

「Marika Groove (2012)」 by Chick Corea

「La Festa」for Marimba,Clarinet and Voice with String Qurtet(2013)
arr.Edsel Gomez (Wold premier )

「Fantasy of Chick Corea's Two Theme"Windows and Senur Mouse"for Marimba,JazzBass and Strings (2008)」arr.Tim Garland

「Wagnam&Cristal Sylence for Marimba,Clarinet,Voice and String Qurtet」
arr.Peter John Stoltzman 2013 (World premier )

「Mozart Goes Dancing」 for Marimba,Clarinet and String Qurtet��…

ナパヴァレー Jarvisワイナリー

イメージ
KenzoEstateの後は坂を10分ぐらい下ったところにある…
Jarvisワイナリーに行きました。

このワイナリーに勤めているFBフレンドのTedさんが
昨年サンフランシスコのJazzクラブYOSHI'sでの公演を
聴きに来てくれてそこで出会い…
その翌日にナパヴァレーの
オーパスワンとコッポラのワイナリーを案内してくれたのです。
その時は残念ながらワイナリーの都合でJarvisには行けなかったのですが…
今回は直々に招待してくれました!

このワイナリーはアンダーグランドなワインなので
市場に全く流通してなくて一年間で4000本しか生産せず
そのうち70%は会員、20%をレストラン、
残りをワイナリーで販売している
なかなか出会えない価値の高いワインだということ…
でもそれを理解するのには実際に味あって見ないとわかりません?!

まずはTedさんによるガイド付きワイナリーツアー!
洞窟の中に入り全く窓のない暗闇の中に全てがあり…
ワインボトルの部屋、大きなワイン樽、小さなワイン樽、
通路には小さな川が流れていて
要所要所には滝もあり
とってもミステリアスな雰囲気…
オーナーの趣味でクリスタルルームや
音響の良いパーティールームもありました。

最後はティスティングルームで7種類のワインを堪能…
最初の白ワインのシャルドネから驚かされて、
メルローも今までのメルローイメージを変えてくれるほど美味しくて、
赤5種類の葡萄がブレンドしたLake Williams2007では
Wow! と声が…
最後の赤カベルネReserve2005は圧巻!
本当に…
全てのワインが素晴らしくて…
今まで全く知らなかったJarvis...恐れいりました。
それにこのクオリティーにしてはそんなに高いと思わず…
(Kenzoと比べたからかなぁ~)
個人的にジョセフ・フィリップスのインシグニアに匹敵すると思いました。
もちろんオーパスワンよりずっとGreat!

ツアーからテェスティングまであっという間の3時間!

帰り際出口にいくとそこには小さな老人がいて…
誰だろうと良く見ると
ナント!
ワイナリー内で歴史写真で観た
このJarvisを作った本人
88歳のWilliam Jarvisさんが直々に待っててくれたのです。
Wow!
音楽好きなMr.JarvisさんはNAPAにJarvis…

ナパヴァレー-Kenzoエステート

イメージ
今回で3回目のナパヴァレー!
前回はオーパスワン、インシグニアのジョセフ・フィリップスなどに行きましたが…
今回はとっても楽しみにしていた日本人が経営する
ケンゾーエステート(ワイナリー)へ最初に行きました。
ティスティングだけ申し込んだので
約470万坪のワイナリー内を見ることは出来ませんでしたが
ワインは4種類試すことが出来て満足。
中でも、白ワイン"ASATSUYU" (ソーヴィニオン・ブラン)と
赤"Ai"(カベルネ・ソーヴィニオン)は…
なかなかでした!
まだまだ1998年からの新しいワイナリーですし…
70パーセントは日本へ流通してるみたいなので
アメリカ人に知れ渡るのはまだまだ難しそうですが
今後を期待できる
間違いなく将来性あるワインだと思いました。

このワイナリーのオーナーは…
奈良出身で小さなキャンディ店からスタートして
ゲームソフト"カプコン"で成功された辻本憲三氏です。
この夢いっぱいの素晴らしいワイナリーを作られた事に
同じ日本人として誇らしく尊敬してしまいました。
世界的なワイナリーになることを期待しています!

今回ケンゾー氏は日本在住中でお会いすることはできませんでしたが…
クラッシック音楽が大好きということですので何れお会い出来るチャンスが
あるような予感がしています?!
夫リチャード・ストルツマンが帰りに沢山ワインを購入しましたので…
特にティスティングリストに入ってなかった一番生産量が少ない
"ASUKA"(カベルネフラン)を帰宅してから
味合うのを楽しみにしています!

Kenzoの後はアンダーグランドのカルトワインJarvisへ!
Love,Mika






サンフランシスコ!

イメージ

Happy New Year 2013!

イメージ
明けましておめでとうございます!
昨年12月は一ヶ月間マンハッタンにいて 毎日のように夜は音楽聴きに行ったり… パーティーしたり、行ったりして久しぶりのNYライフを 満喫しました。 私自身のギグも2回あり… 15日DROM5周年記念ライブでは始めてギタリストJohn Tropea氏と共演して感動。これからJohnは間違いなくMikarimbaのレギュラーメンバー! それからスティーブガッド愛妻でDukeママのキャロルがあのチャック・マンジョーネ氏はじめとする14人ものお客さんを連れて聴きに来てくれたりと大変盛り上がりました!
27日老舗JazzクラブKITANOで初めて演奏。 とっても良い音響の箱で大変気に入りました。 DROMとは違う客層にも感心… ミュージックディレクターさん始め皆さんにとっても喜んでもらいHappy!ここでは間違いなく今年もギグ出来るでしょう。
このNYで、嬉しいことにどちらも中々の客入りでした!
大感謝です。 こんな感じで無事2012年の弾き納めをして 大晦日と2013年初めはフロリダの友人宅に招かれ 素敵でゴージャスな新年を暖かく過ごしました。 なんと元旦は友人のクルーザーでセーリング! 海に出て…故郷天草を懐かしく感じました。
考えてみると年始年末をアメリカで過ごすのは5年目… だんだん日本のお正月が恋しくなってきました。 日本の大晦日は一年を振り返り 元旦では新しい目標を立てるような 心の準備が出来ますが… アメリカでは何故かそういう気になりにくいのですね?! 厳かな雰囲気がないからかな?!
ということで… 新年最初のブログも気がついたら1月5日!