投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

All about Jazz レビュー日本語訳!

イメージ
先日来た老舗JazzマガジンAll About Jazzのレビューの日本語訳を
パリ在住の親友Yuko Sprungさんが送って下さいました!
有難うございます!心から感謝申し上げます。Love,MIKA

All About Jazz レビュー! クリックして下さい。

Mika Stoltzman: If You Believe (2013) By  DAN BILAWSKY,  Published: November 9, 2013



ジャズの鍵盤打楽器というと、マリンバよりもまず金属製のビブラフォンを思い浮かべる人が多いだろう。ボビー・ハッチャーソンやステフォン・ハリスといったビブラフォンの名奏者もマリンバを演奏したが、いずれも2番手の楽器としてだった。マリンバをメインと考えるジャズのマレット奏者はきわめて少なく、マリンバが演目の中心となる場合はほとんどない。ほとんど、というのがミソで、それはつまり、例外がある、ということである。ミカ・ストルツマンはその例外で、マリンバをメインに打ち出す数少ないアーティストの一人だ。
日本で生まれ現在はNYをベースとするストルツマンは、ジャズ・アーティストという枠にとらわれず、長年にわたりさまざまなジャンルの音楽に飛び込んできた。それはもはや分野を超え、一人の才能豊かなミュージシャンとして純粋に存在する。スティーブ・ライヒのTriple Quartet(Nonesuch, 2001)でまず名を知らしめ、次にはクラリネットの巨匠である夫のリチャード・ストルツマンと共にクラシックの世界へ。それもミカにとっては活動の一つでしかなく、彼女の音楽性を固定するものではない。かのデューク・エリントンは「世の中には2つのジャンル(音楽)しかない。良い音楽と悪い音楽である。」と言ったが、ミカはまさにそれを証明している。
共演するのはいずれもスター級のキャストばかりだ。まずはアルバムのプロデューサー兼ドラムのスティーブ・ガッド。ベーシストはエディ・ゴメス、クラリネットにはリチャード・ストルツマンを迎え、彩り鮮やかな音楽の世界を披露する。アルバムに含まれる曲目がすべて、ミカ・ストルツマンのためにオリジナル作曲・アレンジされたものだという点にも注目したい。ミカは音楽の翼に乗り、ブラジル("BECO")からアイルランド("Irish Sp…

12月New CD リリース記念来日ツアー!

イメージ
先週から一ヶ月ぶりに自宅へ帰り...ちょっとゆっくりしています!

帰宅したその日に熊本の蒲島知事がハーバード大学へ
講演へ来られていたので..
知事の全てのお仕事が終わられた後
私達の自宅へ御招きして....
知事が母校のハーバード大学に11年ぶりに来られて
無事講演を済まされ大成功されたことを祝しシャンペンで乾杯しました!

久しぶりの再会に大変感激しました。

さあ!これからの2週間は12月来日ツアーに向けて猛練習です!

今度は新しいCDリリースの為に
プロデューサー&ドラムのスティーヴ•ガッド氏とツアーします!
彼とは2008年以来コラボして既に6年目となりますが...
2年ぶりの日本での共演にとっても興奮!


NewCD"If you believe"もガッドプロデュース2作目となります。
このCDはキックスターターの皆様からの支援により
5月に完成していましたが...
本格的には....
12月3日世界的に向けてiTuneリリース、

そして9日TeeGa Musicレーベルで日本リリースされます。
(日本版はジャケットなどが変わり日本語解説も入ります。)

どうして12月にリリースを遅らせたかというと...
 実は事情があり....
今年の9月期限のグラミー への応募をせずに
来年の応募にしようという企てがあったからです(笑!

一昨日はこのCDに対するとってもとっても素晴らしいレビューも
All About Jazzに掲載されました。
どうぞクリックしてご覧ください!
All About Jazz-Mika Stoltzman レビュー!
http://www.allaboutjazz.com/php/article.php?id=45760&&width=1280#.UojXtBZK4xd

私が日頃から伝えたいことがCDの音楽からちゃんと評価してあり...
超Happy!!!
夫リチャードもベストレビューだ!
これ以上のレビューは要らないと... 読んだ後言ってくれました。


今回のスティーヴとの来日ツアーはブッキングが出遅れましたので...
大分、熊本、博多、名古屋と西日本だけのツアーですが
日本で共演するのが始めてとなる
ギターのジョン•トロペイ氏も
参加してくれるので今からとっても楽しみです。

今回は何しろ小さな会場ばか…

日本&香港DUOジャーニー!

イメージ
今回のツアーは10月16日に来日して
18日熊本の山鹿小スクールコンサートから
本番が始まりました…




そして昨夜10月5日香港でのコンサートで
全て終了しました!


wow!
指折り数えてみると全部で10会場での演奏!

実は最初のプランでは
里帰りを兼ねたバケーションツアーだったんですが…笑!

Dick曰く…
メチャメチャ忙しくて(笑
とっても楽しかったね~
と今更ながら驚きながら語ってました。(笑

多分私達の生涯での想い出深い
2人で来日した貴重なツアーになったのでないかと
信じます!

さて今回も様々な素敵な出会いが沢山ありました!

演奏ツアーの意義とは…
もちろんこれが私達の仕事ですから音楽聴いて頂き
お金をもらうことが需要なのですが…
でもお金のためだけなら音楽、芸術は到底続けられません…

そこには$に変えられない素晴らしい出会いや経験が沢山あり...
私の人生の中でそれが一番大切なことだと感じられる瞬間が多々あるので
辞めれないのです…

 悲しいことに私達は音楽( 演奏)をしないと
その存在価値を認めてもらえませんので
せっせと練習して演奏依頼を頂き…
あちらこちらと音楽の出前をします!(笑

コンサートを聴いてもらった後に
必ず何か新しい出会いが始まりますので
一つ一つ大事に心を込めて誠意いっぱい演奏して
皆さんに喜んでもらわなければなりません…

私の場合は幸運な事に
夫リチャードが文化遺産みたいな人なので
彼と一緒だということだけで
マリンバやパーカッション以外の人達にも
知ってもらえるチャンスが沢山あり、
もっともっと幅広い方々に聴いてもらえるので
とっても得してると思うのですが…
でも世界的な夫の顔を潰さないように(笑
ちゃんと音楽しないといけないプレッシャーも沢山?!
これまで...
マリンバとクラリネットDuoなんかでコンサートして
喜んでもらえるなんて思ってもいなかったので

今回のツアーの一連の成功は私にとっては大変意味があります。

特にいつも友人が多くて暖かく聴いてもらえるような地元以外の場所での公演....
例えば青梅市や香港Duo公演での成功には音楽的に...ちょっと自信がつきました。

そんな中でも今回一番幸せで特筆したいことは...

*私の音楽人生最初のキャリアからずっと応援頂いてる
天草第一病院の理事長永野淳二先生からの招聘での病院コンサート!
今回で2回目ですがいつもお客様がいっぱいです。


”永野サプライズ”も沢山?! まず驚いたのは…