投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

チックさんと私。

イメージ
今でこそ信じられないぐらい親しくしているチックコリアさんですが。。

ここまで来るには、実は、私なりの長い歴史があります。
とにかく1980年代からチックコリアの大大大ファン。
中でも名盤CD”Frends"”Works"は私のバイブル。
ゲーリーバートンとのDUOのライブをブルーノート福岡で
聴いたのが初ライブでCDもかなり聴いていました。

初めてチックさんと会ったのは(ただの一ファンとして)
2000年トロント大学留学中。
チックさんのCD”オリジン”のコンサートがあり
私は一人で聴きに行きました。

客席に座りステージを見ると
ナント!マリンバがあり...
誰が演奏するの???
と心待ち...
そして終盤”Wigwam"曲でチック本人が演奏!
ピアノと持ち替えでマリンバを演奏したのです。

私はめちゃめちゃ興奮して
終演後CDを買ってサイン会に並びました。
(その時のCDは何故かCD”オリジン”ではなくてCD”コンチェルト”)

長蛇の列だったので、一番後ろに並び1時間以上も待って...
チックさんに会い..恥かしながら自分のCD”MITSUE"を渡しながら

”チックさん、私はマリンバ奏者なので、貴方がマリンバを
演奏してくれて感激しました!”

と伝えたら...

”マリンバは僕のお気に入りの楽器の一つなんだよ!”

って....
嬉しくて嬉しくて....

その時から...チックさんにマリンバのための曲を書いてもらうのが
大きな夢の一つとなったのです。


(2005年にスティーヴガッド、夫リチャード、そしてエディゴメスとの出会いがありました。)

2006年
シアトルAlleyでのチックCoreaトリオに、EddieGomezが参加したので
聴きに行き....楽屋でエディからチックを紹介してもらいました。

今思えばその頃ぐらいからダイエット始めていたのか?!
何でも食べれないとのことでしたが....
日本から持参した御土産の高級海苔を喜んでくれて..
その場ですぐ食べてくれたのが可笑しかったし...
マリンバの私のシグネチャーマレットも渡して
めちゃめちゃ喜んでくれたのを覚えています。
(そのマレットが5年前フロリダのチックの自宅に行った時にちゃんと置いてあったので感激しました)

2007年
ブルーノートNYでのチックコリアトリオ(アンソ…