6月来日ツアー(銀座ヤマハホール編)

今回の来日ツアー最後は
6月27日東京・銀座ヤマハホールでの
新譜CD"デュオカンタンド"リリース記念リサイタル。

ロケーション抜群で音響も良いホールなのでとっても楽しみにしていました。
前日からヤマハホール内にあるヤマハサロンで念入りなリハーサルも出来て
良かったし....
今回は新譜をリリースした日本コロムビア主催でしたので
色々な細々したことをコロムビアの横田さんがばっちりして下さったので
大変助かりました。
プログラム順なども話し合いながら決めましたので
とってもスッキリした内容になったようです。


当日の進行表。


ベースの西嶋徹さんとは初共演でしたが..

とっても素晴らしい音楽家で私もリチャードもとってもHAPPYで
リハの時からワクワクしていました。
さすが音楽評論家中川ヨウさんのお薦めのベース奏者です。
実はバンドネオンの北村聡さんもヨウさんのお薦めだったんですよ。


休憩後は、バッハ”クロマティックファンタジー&フーガ”を
クラリネットソロのファンタジーから始めて...
フーガをクラリネット、マリンバ、バンドネオンの
トリオで演奏。この日の本番が今回一番の出来栄えでした!

このフーガは..ご来場頂きましたピアニスト仲道郁代さんや
日本コロムビア岡野さん等音楽関係者の方々から
コンサート後に絶賛頂きとっても嬉しかったです。


今回リチャードと私は2曲ずつお互いのソロをプログラムに入れました。
私が前半に演奏したジョンゾーンのソロは自分でも中々良く演奏できたと
思いますが、後半のWigwamはインプロが中々決まらず最悪...
それに今回は始めて、全ての曲にピッチがクリアになる
超重たいマレットを使ったので..
まだまだ手のコントロールが上手くいってないと反省。
ずっと弾き続けていたら、だんだんと腕が動かなくなる事を本番をとうして発見。
もっともっと練習しなくては...


それから、今回は作曲家大島ミチルさんがこのコンサートの為に
”風笛”をバンドネオン、ベース、マリンバ&クラリネットのカルテットに
アレンジして下さり初演しましたが...かなり評判が良かったみたいです。
北村さんのバンドネオンの音色は繊細でユニバーサルなので
バロックから現代音楽そしてジャズ、タンゴまで幅広く表現可能。
本当に素晴らしい若手音楽家で気に入っています。



そしてスペシャルゲストには..
大好きな憧れの女性でもあるシンガー石川セリさんが
博多から新幹線で駆けつけて下さいました❣️
本当に感謝感激でした。
セリさんの素敵なトークはコンサートに大きな花を添えて下さったかの
ように盛り上がりました。


最後はピアソラ2曲で締めましたが...
ピアソラ音楽に精通されてる北村さん、西嶋さんと一緒ですので
大船に乗ってるかのように気持ち良く演奏できました。
ステージ上からもお客様がかなり喜んでるのが
ひしひしと感じられました。





アンコールは横田さんからのリクエストでラベル”パヴァーヌ”を。

サイン会も長蛇の列で長時間かかりましたが...
それは私たちにとってはとっても嬉しい悲鳴!

このリサイタルを企画主催して下さいました日本コロムビア様..
ご来場頂きました皆様方、楽屋裏の皆様方...
マリンバの運搬とセットアップして下さいました
後藤晶子さんと平野君、ヘアーメークアップの富沢さん..
お世話になった沢山の方々に心から感謝申し上げます。

本当に有難うございました。

感謝を込めて。
Love,MIKA



このブログの人気の投稿

もう直ぐ日本ツアーです!

今後のスケジュール

チックとスティーヴ!